家族葬用の式場の紹介

一昔前であれば、日本で行われる葬儀のほとんどは一般弔問客を受け入れる一般葬が行われていました。ところが現在は、個人の近親者や特に親しかった一部の友人のみが参列する家族葬の方が多く行われています。これに伴い、民営や公営の斎場でも家族葬用に少人数の式場を設置する施設が増えてきました。
公営斎場では、大きな一般葬用の会場と少人数用の会場が同じ建物内に併設されている所がほとんどです。公営斎場を利用する最大のメリットは利用料が安いことです。その代わり、公営斎場にある家族葬向けの式場は、一般葬用の大ホールを小ホールに改装した所がほとんどです。そのため、遺族が快適に過ごすための設備が十分に整っていない場合があります。
これに対して、民営の斎場では少人数の葬儀に特化した施設を利用できます。民営斎場の家族葬向けの施設の中には式場や控室の他に、宿泊スペースや浴室を備えたところがあります。家族葬専用の小さなホールや宿泊設備が併設された施設を、1軒丸ごと借りられる式場も存在します。このような施設を利用すれば、自宅で葬儀を行うような感覚で故人とのお別れの時を過ごせるのです。