家族葬とはどんなものか

家族葬とは家族や親族など身内だけで行う内輪の葬儀のことをいいますが、明確な基準はありません。家族葬の認識も人それぞれ異なっており、同居の家族だけで行う場合もありますし、同居しているかどうかに関わらず二親等くらいの近親者のみで行う場合もあります。また、家族と親族で行う場合や亡くなった人の親しい友人などが参列する場合もあります。
家族葬は近年、増加傾向にあります。儀礼的な慣例にとらわれずに、ゆっくりと故人との別れを惜しみたいという希望を持つ人が増えてきたことも要因の1つですが、ライフスタイルの変化や地域とのつながりが薄くなったことなども背景にあります。また、高齢化も家族葬が増えた要因です。退職してから亡くなるまでの期間が長くなると、職場関係の参列者は少なくなります。故人の知人や友人も同じように高齢化しており、遠方の場合などは参列するのが難しい場合も多くあります。訃報を通知する相手も少なくなっているため、それが自然に家族葬になるケースも多くなっています。