新しい葬儀の形、家族葬とは

葬儀には、時代、国や地方、宗教によってさまざまなものがあります。故人の意向も踏まえ、見送る人たちの思いも踏まえて行われるのが葬儀なので、さまざまな形があって当然と言えるでしょう。
そんな葬儀の中で最近増えているものが、家族葬です。家族葬とはその名前のごとく、家族や親しい親戚のみで個人を送るものです。明確な定義というものはありませんが、葬儀そのものの流れは通常のものと変わらず、一般の弔問客をお断りするという形が多いようです。
この家族葬の特徴としては、少人数で行うため一人一人の思いが反映しやすく、ゆっくりと個人を見送ることができるというものが挙げられるでしょう。弔問客への対応などで時間を取られるということもありません。また、費用面でも通常のものに比べて比較的低価格で抑えることができます。
旧来の葬儀を行いたくさんの人に見守ってもらうのか、少人数の親しい方にゆっくり見送ってもらうのか。どちらにもそれぞれの良さがあるというわけです。