家族葬の参列マナーについて

家族葬に参列する際には覚えておきたいマナーがあり、一般の葬儀とは違う点に注意が必要です。
まず家族葬の場合は、参列してもいいのか戸惑うことがありますが、原則として、遺族側から参列願いの案内があった場合にのみ参列するのがマナーです。
訃報連絡を書面で受けたときに、葬儀の案内が記載されている場合は参列しても問題はないですが、参列辞退のお願いについての記載がある場合は控えるほうがよいとされています。
そして家族葬に参列する際の服装のマナーとして、男性の場合はブラックスーツ着用で白のワイシャツ、ネクタイや靴下、靴は黒で統一します。
また女性は黒のワンピースやスーツなどを着用し、ストッキングや靴、バッグなども黒のものにするのが一般的です。
それから家族葬は、受付が用意されていないケースがあり、受付でお悔やみの言葉を述べることができない場合があります。
その場合は、遺族に対してお悔やみの言葉をかけますが、忌み言葉などに関しては気をつけることがもちろん必要です。
また、家族葬では香典を辞退されることが多いですが、その場合は香典返しなどで負担をかけないようにするため、素直に従うのがマナーです。