家族葬は家族以外呼ばないの?

家族葬とは読んで字の如く家族などのごく少人数で執り行うお葬式のことです。ごく少人数で行うため大きな会場を借りる必要もなく、お葬式につきものの飲食代や物品代、開場代の負担を減らすことができるます。また、故人が大規模なお葬式ではなくひっそりとしたお葬式を生前に望んでいた場合は、この家族葬が選択肢の一つとなることでしょう。「少人数」「負担を抑える」というポイントに重点を置いたお葬式であるとも言えます。
この家族葬ですが、「家族葬」という名前から誤解されてしまうこともあります。それは、「家族しか参列できない」という誤解です。
家族葬は家族だけでお見送りすることが基本ではありますが、あくまで少人数の規模の小さいお葬式のことを指すので、別に故人の友人や恩師、上司を呼んではいけないという決まりはありません。絶対に家族だけじゃなきゃ駄目というわけではありません。あくまでひっそり少人数でするお葬式の形態ですので、家族以外に呼びたい方がいたら「小規模で少人数のお葬式」という形態を逸脱しない範囲で式場側と相談してみるのがよいでしょう。