葬儀の形は時代と共に変化して来ている

葬儀は人の死を弔うための祭儀として古くから行われて来ましたが、時代と共にそのやり方に変化が出て来ています。
一昔前までは葬儀と言えば大きな式場で行われて多くの人が亡くなった人と最後のお別れをするために参列していましたが、最近では家族だけで葬儀を行う家族葬を選択するご家庭が沢山あります。
もちろん今でも昔からの風習で行われているところは沢山ありますが、特に都市部を中心として家族葬と言う形を選ぶご家庭が増えて来ていて今とても注目されています。
沢山の人に葬儀に参列してもらうのは遺族としては有難いことではありますが、気を遣わなければならないのでとても大変です。
大切な人が亡くなってしまい気落ちしていてもその姿を見せるのは恥ずかしいことなので、辛くても頑張る必要があります。
しかしそれでは亡くなった人と静かに最後のお別れができないので、大々的に葬儀を行うのではなく家族だけで最後の時間を過ごすことができる家族葬を選択するご家庭が増えて来ているのです。

家族葬儀を遺族のみで執り行う時、特に気を付けるべきなのは親族に向けて事前にしっかりと連絡しておく事です。
仮に親族に連絡しなかった場合は、参列を希望していたのに声をかけてくれなかったという不満をぶつけられてしまいますし、町内会などからも責められる事があります。
故人と密接な関係にあったのは紛れもなく遺族なのですが、人間というのは誕生してから亡くなるまで多くの方々と交流を持ちます。
実は遺族があまり把握していないだけで、知らないところで深い関係を築いている可能性もあるわけです。
このように、本当の交友関係というのは本人以外知らないので、誰にも知らせる事無く、ひっそりと葬儀を行なうと残念に感じてしまう方も居ます。
また、会社を退職して長い年月が経過しているため、家族葬儀で良いと考える方も居ますが、人生の中で会社で過ごす時間はとても長いので長い年月が経過したとしても、訃報などは様々な方々に対して届くものです。

<PR>貯蓄 / 童話 / 女性の人生 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 健康マニアによる無病ライフ / 住宅リフォーム総合情報 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / オーディオ / 心の童話 / ショッピングカート / GetMoney / マッサージのリアル口コミ.com / 内職 アルバイト /